業種別の税務対策

現金商売の飲食業、入金が数ヶ月先の建設業など業界によって資金繰りは千差万別です。

経費対象も違えば、会計処理も異なります。あなたの業界で顧問経験が豊富な税理士であれば、
経営相談も、資金繰りも、万全のサポートをしてくれるはずです。

現金商売の飲食業、入金が数ヶ月先の建設業など業界によって資金繰りは千差万別です。

経費対象も違えば、会計処理も異なります。あなたの業界で顧問経験が豊富な税理士であれば、経営相談も、資金繰りも、万全のサポートをしてくれるはずです。

飲食業の会計・税務の特徴

飲食業の経営は「現金主義」が中心で、売上も仕入も「現金が入ってきて、現金が出ていく」という形です。飲食店では「忙しくて数値が見られない」という経営者が多く、手元のキャッシュが減っていることに気づかず、閉店せざるを得ない事例も少なくありません。
また、新規開業時を含め、多額の資金獲得が必要となるケースも多いため、オーナーは相応のリスクを負うことから融資の獲得も重要です。顧問税理士がいれば、開業段階での交通費・調査費用なども経費として認められるようにしてくれるはずです。

飲食業の会計・税務の特徴について

建設業会計とは?

建設業では、工事の完成後に売上の入金となるケースが多く、工事着工から入金されるまで非常に時間が掛かります。人件費や資材の購入など、大きなお金が動くケースがほとんどで資金が不足になりがちですが、工事完成後の売上金の入金を待たなければ資金的に次の受注が難しくなります。どれだけ好条件の受注の話が来ても、手元資金がなくては身動きが取れず、どんどん経営が悪化するパターンも。
また、建設業会計は他業種よりも複雑で、国税庁統計の【税務調査のペナルティ・調査が多い分野 TOP10】にも入っています。

建設業会計とは?について

IT業界の会計・税務、資金調達

IT系企業には、ソフトの開発費をいつ費用計上すべきか、固定資産として計上すべきなのか、といった特徴的な会計処理が含まれます。ベンダーとして外部に販売するソフトウェアか、自社で開発し使用するソフトウェアかで、処理に違いがあることも重要なポイントです。
特にスタートアップで創業融資を検討する場合、IT事業の特殊性をしっかりと創業計画書に取り込んでくれて、日本政策金融公庫や各種金融機関の制度融資を活用できる税理士が必要不可欠でしょう。

IT業界の会計・税務、資金調達について

運送業の会計・税務

運送業は、トラック等の設備投資、駐車場、営業所の確保など、資金調達が重要な業種でもあるため、スムーズな資金調達が欠かせません。金融機関の担当者に対して、会社の財務状況などを含め、しっかりと対応できる経験豊富な顧問税理士が必要不可欠な業種でもあります。
また、仕事の時間が不規則で明確にしづらい運送業では、福利厚生や経費として計上して良いものと、してはいけないものとの線引きが大変難しく、深い知識や経験がないと損をしてしまう可能性がとても高くなります。

運送業の会計・税務について

不動産業の税務・会計の特徴

不動産売買を行う場合、用地仕入れを行い、仕入れた不動産を販売する流れが発生します。
しかし、記帳の際には仕入(費用)ではなく棚卸資産の1つである「販売用不動産」の勘定科目を使用します。仕入(費用)として計上すると税務調査の指摘を受けてしまうため注意が必要です。不動産の販売用不動産の取得価額に関する会計処理は非常にややこしく、不動産に関する専門知識が必要不可欠なため、経理の人材を探すのも大変困難です。だからこそ、不動産業に精通した顧問税理士を選ぶことが重要です。

不動産業の税務・会計の特徴について

SELECT

ご要望に合った最適な税理士を選択

税理士法人Prime税理士法人熊代事務所プログライズ総合会計事務所みどり税法務研究所中村太郎税理士事務所下川・木地税理士法人大貫利一税理士事務所税理士法人東京さくら会計事務所税理士法人尾藤会計事務所税理士法人きわみ事務所
PAGE
TOP
LINEで相談 メールお問い合わせ 0120-348-062